名代大きんつば本舗 和泉庄「鉄道交流サロン結いの駅」(長野県飯田市)

鉄道交流サロン結いの駅は地域・観光客が気軽に集う“憩いの場”・様々な世代が集う“交流の場”・飯田市の観光情報を案内する“観光案内所”

TOP > 飯田駅周辺の飲食店ガイド > 和菓子 > 名代大きんつば本舗 和泉庄

飯田駅周辺の飲食店ガイド

和菓子

飯田駅より徒歩 約15分

名代大きんつば本舗 和泉庄

広く愛される"きんつば"は
七代続く老舗の逸品。

名代大きんつば本舗 和泉庄

文政元年(1818年)創業。和泉屋庄三郎の屋号で飯田城主の御用を受けていた、七代続く和菓子の老舗です。お店を代表するお菓子が名代大きんつば。

厳選された小豆を鍋で練りながらゆっくりと炊き上げて餡を作り、丸い形に整えて溶いた小麦粉の中にさっと付けてから人差し指でくぼみを付けて押し気味に焼くため、焼き上がりが刀の鍔(つば)のように仕上がっています。甘さは控えめ。
小豆本来の風味が生きたやさしい味わいで、直径約5センチ、厚さは優に3センチはある大きさから、最初は半分などと遠慮しても、気づけば一個簡単に食べてしまう美味しさです。

近年、読売新聞のコラム「甘味主義」やサライの伝統菓子特集などで紹介され、また、県内の百貨店をはじめ、東京の歌舞伎座や博多座などでも販売されていて、全国に愛好者が多くいらっしゃいます。
また、姉妹品として、春は桜、夏は抹茶、秋冬は栗と、季節にあわせた一口サイズの小きんつばがお店に並び人気です。

電話番号 0265-22-0253
住所 飯田市銀座2-11
営業時間 9:00~19:00
定休日 第4月曜日
駐車場 無し
アクセスMAP

«「和菓子」一覧へ戻る

«「飯田駅周辺の飲食店ガイド」一覧へ戻る

このページの上へ▲